CTP型:パルスカウント型式張力コントローラ

CTP型:パルスカウント式張力コントローラ  製品資料

特長

  • 簡単なパルスカウント(1回/回転)信号入力により、張力を自動調整
  • 定電流制御により温度影響を排除
  • 使用負荷を型式選択による簡単設定が可能
  • 専用設定器により多数台の設定が省配線で可能
  • 出力モニタが可能

用途

  • 巻出し/巻取り軸にブレーキ・クラッチを装着して、設定した張力を一定に保持する場合

ラインナップ

CTP1200出力1.5Aタイプ
CTP3200出力3Aタイプ

使用例

CTP型:パルスカウント型式張力コントローラ
  • ロール軸の回転パルスを計測すれば、ロールがどれだけ細くなったか計算できます。
  • 径が小さくなった分だけ自動的にブレーキのトルクを調整するので、張力を一定に保てます。
  • 張力設定器からは、開始時の直径・シート厚(糸の場合は換算値)を設定します。
  • CTS1120型張力設定器を使用すれば、複数台のCTPを個別/一括設定できます。
  • 1台用のデジスイッチタイプCTS1220型張力設定器も使用できます。
お問い合わせはこちら

小倉クラッチ
テンションコントロールシステムについての各種お問い合わせ・ご相談窓口

お問い合わせ・資料請求


ページトップへ