OA機器用クラッチ

トップシェアを誇る OA機器用マイクロ電磁クラッチ

OA機器用クラッチimg 小倉クラッチは、国内初のOA機器用マイクロ電磁クラッチの開発・生産を開始して以来、常にユーザーのニーズに応え、クラッチ単体に留まらず、変速・正逆転機能を持つユニット製品などOA機器用クラッチのパイオニアとして多種多様な製品を提供して参りました。 また、OA市場の要求に対応すべく積極的に新製品の開発を行い、環境対応は勿論、省エネ・ローコストなどに対応した製品を常に送り出してきました。 プリンターやMFP(複合機能複写機)、周辺機器の様々なアプリケーションに幅広く採用されています。


OA機器用マイクロ電磁クラッチの用途と機能

OA機器用マイクロ電磁クラッチは、オフィスになくてはならないプリンターやMFP(複合機能複写機)の中に使用されています。モーターからの動力を伝達・遮断することで、機械内部のローラーやカムを駆動・停止させ、給紙・排紙・用紙搬送・レジスト(用紙位置決め)・トナー攪拌など様々な用途に使用され、多いものでは1台のマシンに5個以上使用されるものもあります。

電磁クラッチとしての機能は、コイルに電流を加えることにより発生する磁力で、アマチュアとローターで構成される摩擦面を強力に密着させ動力を伝達します。電流を遮断することによりコイルの磁力=伝達トルクが消滅し、動力も遮断されます。

OA機器用クラッチimg02

OA機器用マイクロ電磁クラッチの大きさと種類

小倉クラッチのOA機器用マイクロ電磁クラッチは外径φ25~φ35、長さ18mm~36mm程度の大きさです。当社では生産開始順にMIC-E/NE形、MIC-NEW形、MIC-T形、MIC-C形の4シリーズをラインナップしています。
また、MIC-T形は他機種に対して薄型化を図った製品です。さらにMIC-T形においてはMIC 2.5T型とMIC 5T型に加えて、より省エネ化を図ったMIC 3.5T型とMIC3.5C型もラインナップしています。

クラッチは使用条件や用途、必要トルク、端末処理方法に応じたカスタマイズを行っています。

OA機器用クラッチimg03

ページトップへ