アプリケーション

クーラント装置の装着による改善効果事例

1.加工機械:CNC旋盤(ガントリーローダー付2台連結)

2.加工内容:加工の種類・・・内径切削加工
 被削材・・・S10C(形状NO.01品)
  SUY-1(形状NO.02品)

3.切削条件

 切削速度m/,min送りmm/rev切り込みmm
NO.011800.060.10
NO.022000.100.15

4.使用刃具:GP33N

5. 使用切削油:水溶性トリムソール VHPPe200(希釈15倍)

6. 加工品形状:

クーラント装置 加工品形状

7.クーラント吐出圧:50kgf/cm2

8.効果
(1)チップ寿命および補正個数

 高圧クーラント補正間最多数1コーナー加工数
NO.01装着前5〜7120〜150
 装着後70〜80250〜300
NO.02装着前7〜10130〜150
 装着後70〜80250〜300

(2)生産性

 高圧クーラント定時間加工数設備総合効率
NO.01装着前90個(8H)71%
 装着後*140個(8.33H)93%
NO.02装着前*120個(8H)75%
 装着後*150個(8.83H)88%
*(8.83H)の0.83は昼休み及び休憩時間の無人化稼動による。

(3)相乗効果
高圧クーラントにて切り屑処理が可能となり、今まで10個に1回程度の切り屑の刃物等への巻き付きが解消でき、停止ロスが改善され、定時間後の約3時間の無人化運転が可能となった。

加工部品の温度は、発生する熱と放出される熱の量及びそれらの伝達状況により決定されます。工作機械の場合の発生する熱は、切削加工による発熱・電気部品からの発熱などがあり、また、放出される熱では、工作機械本体の表面から空気への伝動熱や切削油の蒸発などがあります。実際の部品温度の上昇状況は、これらの組み合わせにより決定されるので、何度になるかは簡単に把握できませんが、それぞれの要素を理解することで適切な処置を取ることができます。

切削条件見直しによるC/Tの短縮事例

1.加工機械:2SPガントリー付CNC旋盤)

2.加工内容:加工の種類・・・切削加工
                被削材・・・S08C

3.加工形状

加工品形状

4.切削条件改善内容及び短縮時間

加工部使用チップ旧切削条件/切削速度新切削条件短縮時間
T3 KC850
CNMG432-UR
220m/min
送り 0.30mm/rev
切り込み 0.30mm
0.36 0.58sec
T4 KC850
CNMG432-UR
230m/min
送り 0.30mm/rev
切り込み 0.25mm
250 0.55sec
0.36
0.30
T6 NX55
DNMG432-UR
2220m/min
送り 0.12mm/rev
切り込み 0.15mm
270 3.00sec
0.13

5.C/T短縮による生産性の効果(上記改善後の生産性UP率)
改善前C/T 0.65min 改善後C/T 0.58min

  クーラント
取付前
クーラント
取付後
生産性UP
勤務時間
480min
642個 787個 23%UP
休憩時間
50min
加工停止 80個 休憩時間稼動含む35%UP

ページトップへ