無励磁作動ブレーキ PNBシリーズ

※PNB形ブレーキは要求仕様に合わせて設計しますので、ご注文に際しましては、最寄り営業所までお問い合わせください。

  • 1. 制動・保持用兼用タイプ
  • 制動と保守兼用であるため、仕様用途の制限を受けず、容易に最適モデルを選定できます。(初期トルクは定格トルクの70%)
  • 2. 高応答性
  • パーマネントマグネットでアーマチュアを吸引して制動するため、応答性が早く作動が確実です。
  • 3. 許容仕事率が大きい
  • 熱放散能力が大きく、高頻度の用途に適しています。
  • 4. ギャップの調整はメンテナンスフリー
  • オートギャップ装置の採用により、摩擦面の摩耗によるブレーキボディと アーマチュアのギャップは常に一定に保たれるので、作動時間は安定し、摩耗限界までメンテナンスフリーで使用できます。(PNB 5A、13A、25A形)
  • 5. 板ばねタイプはバックラッシゼロ
  • アーマチュアは板ばね駆動方式のため、回転方向のバックラッシがなく、回転中の騒音がありません。(PNB-B形)

PNBシリーズ製品資料

SNBシリーズ用途例

  • エスカレーター:緩衝制動、保持
  • エレベーター:緩衝制動、保持
  • 無人搬送台車:車輪の制動、保持
  • 断裁機:ブレードの制動、保持
  • 合板機械:ブレードの制動、保持
  • D・Dモーター:保持

MODEL

MODEL PNB5
PNB型 無励磁作動ブレーキ 製品MODEL:PNB型無励磁作動ブレーキ 板バネ式 板ばね方式 仕様・寸法  仕様・寸法pdf
製品MODEL:PNB型無励磁作動ブレーキ オートギャップ方式 オートギャップ方式
お問い合わせはこちら

小倉クラッチ 
一般産業用クラッチ/ブレーキについての各種お問い合わせ・ご相談窓口

お問い合わせ・資料請求


ページトップへ