ローター組立

ローター組立

1体ロータダブルフラックスタイプ1体ロータダブルフラックスタイプ
1体ロータタイプは形状、寸法に制約がなく、自由な寸法、構造のロータが製作可能です。また、小径化が図れ、最も汎用性の高い構造となっており、摩擦面にフェーシング装着することで更に高耐力が得られます。
2体ロータダブルフラックスタイプ2体ロータダブルフラックスタイプ
2体タイプのロータ組立は、プレスプーリーをロータに電子ビーム溶接したタイプです。非常に安価で、軽量化を特徴としております。又、摩擦面にフェーシング装着しますと更に高耐力が得られます。
1体ロータトリプルフラックスタイプ1体ロータトリプルフラックスタイプ
トリプルタイプは径方向に長穴が3ヵ所形成された構造となっており、小径化・高トルクを特徴としております。

ページトップへ