環境への取り組み

グリーン調達基準

当社ではグリーン調達基準を制定し、当社の製品を構成する原材料、部品及びユニット等に含有する使用禁止物質あるいは使用管理物質を明確にし製品全体の環境負荷物質低減を図って参ります。 お取引先様のご理解とご協力を賜りますようお願い致します。

弊社におけるグリーン調達への取組み内容
「AIS(製品環境安全情報シート)でのデータ収集をゼロからスタート。10ヶ月で納期遵守率92%を達成!」
〜グリーン調達マイスターを導入してデータ集計作業を効率化し、得意先に対するスムーズなデータ提供を行なうことで顧客満足度を向上させました〜

お取引先様への依頼事項

グリーン調達にあたっては、お取引先様に対して次の各項の取り組みを依頼します。

  • ・ 製品に含まれる化学物質に関する含有禁止物質不使用証明書の提出
  • ・ 化学物質含有データの提示
  • ・ 化学物質管理システム(製造から納入の各段階で化学物質を管理する仕組み)を構築及び運用すること
  • ・ 環境マネジメントシステム(EMS)を構築及び運用すること

なお、必要に応じ化学物質管理システム、環境マネジメントシステムの確認(監査)を実施させていただきます。

弊社のグリーン調達活動をご理解頂き、下記環境負荷情報調査へのご協力をお願い致します。

  • 「調査対象部品」確認のお願い
    弊社より別途依頼する部品が対象となります。なお、記載部品以外で実取引のある部品があれば追加して下さい。
  • 「化学物質」含有調査のお願い
    小倉クラッチの製品を構成する原材料、部品、ユニット等に含有されている化学物質の含有量調査、及び製造工程に於ける含有状況を把握するため、環境負荷情報調査をお願い致します。 調査は従来の、JGPSSI の調査回答ツールにかえて、JAMP のAIS またはMSDSplus を基本とします。ただし、得意先の要求などによりJAMA/JAPIA シートあるいはJGPSSI の調査回答ツールまたはその他の調査フォームを使用する場合があります。
  • 「不使用証明書」提出のお願い 上記②確認の結果、「グリーン調達基準<第2版>」対象の含有禁止物質が含まれていない部材については「小倉クラッチ納入製品・含有禁止物質不使用証明書」の提出をお願い致します。また、お取引先様の製造工程において塩素系有機洗浄剤が使用されていないことを確認するために、「製造工程での塩素系有機洗浄剤の不使用証明書」の提出をお願い致します。
  • 「全廃計画書」提出のお願い
    上記②確認の結果、「グリーン調達基準<第2版>」対象の含有禁止物質が含有基準以上の部材がある場合は、「小倉クラッチ納入製品・含有禁止物質全廃計画書」のご提出をお願い致します。また、お取引先様の製造工程において塩素系有機洗浄剤が使用されている場合には、「製造工程での塩素系有機洗浄剤の全廃計画書」のご提出をお願い致します。 素材変更等の改善により使用禁止物質が廃止された際に、改めて不使用証明書をご提出して頂くことになります。

グリーン調達基準は下記からダウンロード出来ます。


【グリーン調達基準】

グリーン調達基準<第4版> (PDFファイル:341KB)

グリーン調達基準<第4版>付属書1 (PDFファイル:2067KB)

グリーン調達基準<第4版>付属書2 (PDFファイル:154KB)

グリーン調達基準<第4版>付属書3 (PDFファイル:142KB)

グリーン調達基準<第4版>付属書4 (PDFファイル:68KB)


【概要】

小倉クラッチ納入製品・含有禁止物質不使用証明書 (Wordファイル:20KB)

製造工程での塩素系有機洗浄剤の不使用証明書 (Wordファイル:24KB)

小倉クラッチ納入製品・含有禁止物質全廃計画書 (Wordファイル:22KB)

製造工程での塩素系有機洗浄剤の全廃計画書 (Wordファイル:20KB)


ページトップへ